本文へ移動
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
休業日:土日祝

加工方法の紹介

チャリンコ印刷

 
 
平台印刷機を用いた印刷方法です。機械が動作するときの音が「チャリンコ」と聞こえることから、通称「チャリンコ」と呼ばれています。
 
台の奥側に版をセットし、インクをのせます。その版の上をブランケットと呼ばれるローラー上のものが転がる際にブランケットにインクが付着し、手前に来た時にカレンダーに押し付けることにより印刷されます。
 
既に製本されたカレンダーを職人が一枚一枚手でめくりながら印刷を行います。そのため、細心の注意を払って作業を行っていますが、どうしてもめくりジワと呼ばれる癖がつくことがあります。インクを乾燥させ、梱包するまでにある程度まで回復しますが、僅かに残る場合もありますのでご了承ください。
 
このように一枚一枚手作業で印刷することで、低コストで名入れ印刷をすることができます。
 

箔押し

 
箔押し印刷とは金や銀の箔を使った特殊な印刷方法です。
 
まず、名入れ原稿から凹凸のある金属の版を作り、それを機械の上部に固定します。台の上にカレンダーを置き、版とカレンダーの間にテープ状の金箔や銀箔をセットします。熱で温めた版を箔の上から押しあて、熱と圧力で箔を圧着させることで印刷ができます。
 
そのため、名入れに凹凸ができ立体的に見えるので高級感を演出したいときにおすすめの印刷方法です。

シルク印刷

 
版とメッシュを利用した印刷方法です。
 
印刷をしたい部分(社名やロゴなど)のみインクが通るようにしたメッシュにインクを直接のせます。そのインクをヘラでこし、メッシュを通して下にある印刷物にインクを付着させることで印刷ができます。
 
職人が一枚一枚手作業で行っております。
TOPへ戻る